3/24おひつじ座新月 未来と過去が絡み合う、傷や痛みを超えて愛を注ぐ

3月24日18時半、おひつじ座新月。引き絞られた矢のしめすものは、傷や痛みと愛です。 どれだけ、ただ自分の良心の満足のためだけに、他者への善をなせるだろう。 今までの自分の傷や痛みを忘れ、見返りをもとめずに。

淡々と咲く花たちのように

新月の瞬間にできる90度は おひつじ座4度の太陽・月とドラゴンヘッド&テイル。新月満月には丁寧に、キロンとブラックムーンリリスが1度・2度のオーブで合です。

過去と未来からの痛みを伴う気づきが、新たなパートナーシップの在り方へと目を向けさせるように見えます。

人間のボディを頂いて、その中に宿っている魂と内なる良心。その内部から見た、外の世界は大きな変化の中でうねる巨大な情報の大海となっています。

患者数、死亡者数、他国のとる厳しい処置。
生産停止、流通停止、レイオフ、将来価値の下落、格付け悪化。
大きな情報が矢継ぎ早に流れてゆく真っ只中です。

医療の最前線で人命のために戦っておられる方、経済停止により自殺などで命を落とす人が減るよう戦っておられる方がいらっしゃいます。

そのような全ての方に最大限の敬意を捧げます。

当たり前と思っていたものが制限され、将来を頼んでいたお金の流れが途切れるかもしれない恐怖が渦を巻いて増殖再生されています。

その恐怖の増殖を止める、理知的・理性的な対応をしてくださっている方、日常に潜む善や美を大事に周囲にシェアして下さっている方にも感謝をいたします。

さて、星読みです。パートナーシップというと、すぐに今好きな方や付き合っている方と相性がいいかどうか、いつ素敵な人にあえるのか、素敵な結婚ができるのか、という思考になってしまうのは、人間として仕方ないのですが、そういう現世的な欲得をぶちこわすような新月です。

魂がこの世にあり得ないほどのチャンスを頂いて生まれてくることができるのは、素敵な結婚なんぞのためではありません。
(もちろん素敵な結婚がある人生は幸いですけれど!)

善をなし愛を増やし、そのために足りない自分を磨くためです。
そのために、今回認識の光があたるのが、パートナーシップをやりきる、人に愛を注ぎきる、
というのが今回のテーマです。

裏切りがあり、自分の未熟さがあり、今までしてしまった間違いや恩知らずな罪があり、それでも、そんな傷や恥をかかえた自分のままでも、誰かに愛を注ぐ。

それができますか?と問うている、月のみえない暗闇の夜だと感じます。

新月の瞬間、東の地平線にあるのは天秤座。
そこから吹き込んでくる息吹は、自分を客観視して、その良さも未熟さもわかった上で、誰かに見返りも我も忘れて捧げるような愛のかたちです。

おひつじ座という「私」「私だけ」というサインで起こる7Hの新月、そして対向の天秤座は「他者と」「社会と」というサイン。

そんな真逆の2軸を体験する2週間となりそうです。

どなた様も、素敵な春をお過ごしください。
愛を込めて。

関連記事

  1. (星読み)2/24魚座新月、ロジックと思考を用いてゆるしを構築する

  2. (星読み)12/26山羊座新月 過去の再来と新しいステージのはじまり

  3. (星読み)10/28蠍座新月:秘めた意志を行動で現す女王

  4. (星読み)ふたご座満月 メデューサが照らし出すシャドウと祝福

  5. (星読み)11/12牡牛座満月:五感が震えるほどの感動を味わう

  6. 星読み 1/11蟹座満月、来る10年期を画する社会システムの解体再構成…

  7. 3/10乙女座満月 恐怖との和解、モンスターのように見えていた闇との不…

  8. (星読み)2/9獅子座満月、自分に与えられた資源、才能=できる仕事を知…

jewelry人気記事 hoshiyomi人気記事

カテゴリー