(星読み)10/14牡羊座満月:新しい自分になって、愛する人は誰ですか。

2019年10月14日朝6時におひつじ座で満月でした。

New自分と愛する人

中々強烈なグランドスクエアと水のトラインのカイトです。

今回の宝石ホロスコープ。
(おうし座の薔薇はイブピアッチェさんです。)

柔軟サインのグランドスクエア

  • 自己の死と再生/シェイプシフト。
  • 「じぶん」像の刷新/再定義。他者の写し鏡より自己の姿を新たに発見する。
  • 親密なパートナーとの関係性の深化/進化/結婚または別れ。
  • 存在するすべてが、全て創造の源の異なる側面と知る。
  • 男性的/女性的の古い殻を捨てる(太古の至高の女神は愛の神であり、戦争の神でもありました)。
  • 自分のホーム=家庭/愛着のある職場での関係の刷新(自分の見方の変化から起こる再生)。
  • 自分の家系/DNAの再発見。おじいちゃん、おばあちゃん、そしてすでに亡くなった幾多のご先祖様のご加護を知り、感謝する。(おすすめアクションです✨)

水のトライン

  • 「救い」「理解」「教え」を他者に求める古いうお座の救世主症候群を自分の中に見つけ、取り出す。
  • 他者から主権を取り戻し、自らの人生を引き受ける(いかなる先生もロールモデルも、自分の人生/病気/障害を生きてくれるわけじゃない)→自らの妄想を壊すことで、金銭的リソースへの扉が出てくる。
  • カイトの頂点の4Hやぎ座土星が語るのは、地球/大地とつながること。既存のシステムの嘘を知ること。→土に触れる、農業、口にする食品を種/卵からどう育って口に入ったか知り、その軌跡と多くの人の仕事に感謝する。(おすすめアクションです✨)
  • カイトを支える対岸にはシリウス。青く燃える巨大なガスの太陽、その住人たちのヘルプを受け取る。(おすすめアクションです。瞑想などで

グランドトラインのシークレットリリースポイント

太陽、月、4Hやぎ座土星のTスクエアは誰の目にも明らか。

土星の反対側、リリースポイントに何かあるはず、と探したら、

実は「ポルックス」でした。

ポルックスは半分神の血を引くデミヒューマン/デミゴッド。

異母兄である人間カストールを愛し、彼の戦死を悲しんで、デミゴッドとしての不死の身を捨て兄と共に星となったという伝説です。

誰を愛していますか?

 

愛を込めて。